西太志個展「月の裏側をみる 」

会期:2020年6月5日(金) ~ 6月21日(日) 金、土、日開廊 13:00-19:00

会場:FINCH ARTS



この度FINCH ARTSでは西太志の個展を開催いたします。どうぞご高覧ください。 尚、ご来廊にあたりましては信頼のおける情報をもとに、人混みを避けるなどの対策をとり、無理せずお越しいただけますようお願いいたします。


西太志 | NISHI Taishi 1983年 大阪生まれ。2015年 京都市立芸術大学 大学院美術研究科 修士課程絵画専攻 油画を修了。現在は静岡県在住。虚構と現実の境界や匿名性をテーマに、木炭によるドローイングから発展した絵画と黒い陶土による陶作品や衣類に泥を塗り込み、焼成した立体作品も制作している。


 主な展覧会に2020年(予定)「第14回 shiseido art egg 西太志展」(資生堂ギャラリー/東京)、2017-2018年「西太志+矢野洋輔 〈居心地の良さの棘〉」(8/ART GALLERY TOMIO KOYAMA GALLERY/東京)、2017年「京芸transmit program 2017」(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA/京都)、2015年「アートアワードトーキョー丸の内2015」(丸ビル マルキューブ/東京)グランプリ受賞などがある。


 本展では、新作の絵画と陶による立体作品を中心に発表する。ネット上の情報や画像に対する違和感、非現実な感覚に対して、自身の記憶や身近な出来事を織り交ぜ、再構成することで作家にとってリアリティのあるものへと変換する。


 西は本展に際して、次の言葉を寄せている。

「月の裏側さえ検索すればすぐに見ることが出来るけれど、画像が現実感をもたらすかと言えばそうではない。それでも見たこともない検索にも決して引っかからないものが、不思議な手ごたえとして感じられる瞬間というのも絵を描いたり粘土を捏ねたりしている時に確かにあって、そういう時に自分が月の裏側に立っているような感覚を味わうことができる。」

  • Facebook Basic Black
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitter Basic Black

© FINCH ARTS