宮坂直樹個展「Standard applying Hand Modulor, a French man」

会期:2020年8月15日(土) - 8月30日(日) 金、土、日開廊 13:00-19:00

会場:FINCH ARTS


宮坂直樹 Standard applying Modulor Ver. 3, a French man 2019



この度FINCH ARTSでは観照によって様々に現れる空間の概念を考察するアーティスト・宮坂直樹の個展を開催いたします。


 宮坂は19〜20年にル・コルビュジエ財団特別研究員として、ル・コルビュジエが普遍性を指向して考案した「モデュロール(Modulor)」を、他者の知覚を推測する理論へと再解釈する研究を行いました。「モデュロール」とは、フランス語の「module(基準寸法)と「Section dʼor(黄金分割)」からつくられた造語。ル・コルビュジエによって、身体寸法、黄金比、フィボナッチ数を組み合わせて考案された基準寸法の数列のことです。


 本展では、このル・コルビュジエの「モデュロール」を発展させ、他者の体性感覚の推測へと応用することを目的として開発した、手のスケールのモデュロールである「ハンド・モデュロール」について展開する展示となります。


-


宮坂直樹 | Naoki Miyasaka

1985年千葉県生まれ。2016年東京藝術大学大学院美術研究科博士課程修了。近年の主な個展に「Shared table applying Modulor, a French man and a Japanese woman」(La Cité internationale des arts、パリ、2019)、「三つ空間」(トーキョーアーツアンドスペース本郷、東京、2019)などがある。


展示記録

撮影:前谷開 撮影日:2020年8月30日

©Naoki Miyasaka, Photo by Kai Maetani, Courtesy of FINCH ARTS



撮影:片山達貴 撮影日:2020年8月26日

©︎Naoki Miyasaka, Video by Tatsuki Katayama, Courtesy of FINCH ARTS

  • Facebook Basic Black
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitter Basic Black

© FINCH ARTS