村田宗一郎個展「Women, Animals, and a Fence that parts self from others」

会期:2020年9月4日(金) - 9月27日(日) 金、土、日開廊 13:00-19:00

会場:FINCH ARTS

協力:一般社団法人HAPS



 この度、FINCH ARTSとkumagusuku SASは、1985年生まれの美術作家・村田宗一郎による2会場同時個展「Women, Animals, and a Fence that parts self from others」と「In Blue」を開催します。即興的に描かれるドローイング、構築的な手技の積み重ねであるペインティング、ソリッドな質感を持つ立体作品、空間的なインスタレーションなど広範囲に及ぶ取り組みを扱い、作家の包括的な創作活動の展覧を試みます。※本展は「kumagusuku SAS」との同時開催です。


 東京芸術大学在学時よりジャンルレスな制作を行っていた村田は、特に直線的なドローイングとそれらを基点としたインスタレーションにより、作品世界に抒情的要素を織り交ぜ、同世代の中でも「アートアワードトーキョー 丸の内2009」において審査員長谷川祐子賞を受賞するなどいち早くアーティストとしてのキャリアをスタートさせます。またアートを取り巻くコミュニティにも意識的であることから、2009年には拠点を京都に移し、複数のアーティストや建築家と共同スタジオを組織しました。その後は、国内外のグループ展に参加しながら、2013–16年にはキュレーターの遠藤水城がディレクターを務めるHAPS(東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス)のスタジオ使用者となるなど、関西を代表する若手作家として頭角を現します。

 

 本2会場同時個展は、2014年の初個展「May of Wives」以来約6年振りのホワイトキューブでの展覧会となります。まず「Women, Animals, and a Fence that parts self from others」(会場: FINCH ARTS)において、当作家が全てのクリエイションの核と位置付けるドローイングに焦点を当て、女性像や動物など描くことによって自発的に生成されるモチーフの存在と、その関係性を浮かび上がらせます。次いで「In Blue」(会場: kumagusuku SAS)では、ペインティング、金属を用いた立体、音響など、個々の作品は独立しながらも、これまで村田がインスタレーションを手掛けることで培った審美性によって空間を構成します。


-



村田宗一郎(むらた そういちろう)/Soichiro Murata 1985年生まれ。奈良出身。2009年東京芸術大学美術学部先端芸術表現科中退。以降京都、奈良を活動の拠点にする。主な個展に「I’ve telegraphed and phoned and sent an air mail」(HAPS、京都、2016)、「May of Wives」(YODOYA、京都、2014)、主なグループ展に「VOCA展2017 現代美術の展望─新しい平面の作家たち」(上野の森美術館、東京、2017)、「Rendez-vous 12」(South African National Gallery、ケープタウン、2012)などがある。三嶋一路とのユニットSoichiro&Ichiroの活動の他、なら100年会館初演のオペラ「遣唐使物語─名も無き民へのオマージュ─」(奈良、2016)では舞台美術を担当し、また自身が詩や小説の執筆も手掛けるなど多角的な創作を指針としている。https://soichiromurata.com/


展示記録



撮影:前谷開 撮影日:2020年9月8日

©Soichiro Murata, Photo by Kai Maetani, Courtesy of FINCH ARTS

  • Facebook Basic Black
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Twitter Basic Black

© FINCH ARTS