top of page

沖見かれん「眼の先は島へ / 夏至、外縁」

会期:2023年 9月15日(金)- 10月8日(日)

会期中の金土日開廊

13:00-19:00

Venue:FINCH ARTS

Artist:沖見かれん


オープニング・レセプション

9月15日(金)17:00-19:00


《landscape(day to night)》H180.0×W240.0 cm, 2022-23, 綿シーチングに油彩、蜜蝋、天然樹脂、黒鉛


  この度FINCH ARTSでは沖見かれん個展「眼の先は島へ / 夏至、外縁」を開催いたします。沖見は風景と自己の関わりから絵画を制作しています。モチーフとなる風景は作家自身の感覚を取り除くために繰り返し描かれ、そこには淡い色彩から伺える抒情的なイメージに加え、水平線(運動)を意識した空間構成が現れます。本展では新作の大型絵画とドローイングにより、沖見の近年の取り組みを概観します。どうぞご高覧ください。


-


薄い地表に位置した点は

浮遊し速度を保ったまま進む

(運ばれている)

運動は進行方向へ

眼の先は島へ

とるにたらない速さで

事実を観察するには十分な速さで

絵と風景を行き来しようとしている

・色は炎と水 それらの温度が相互しあって目に届けている

・色は運動によってなだらかな法則性を持って変化する

・丸あるいは楕円、それらが浮遊したときの外縁について(更に外縁の取り組み方)

・空気中にまう何かが遠くを遠ざけている

・軸を中心に点は進行方向に移動する

・観察者はみるために何かを排除してはいけない


2023年7月


-


沖見かれん|Karen Okimi

1991年和歌山県生まれ。京都拠点。2023年 京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻 修了。風景と自己の関わりから絵画を制作している。主な展覧会に「floating point」(2kw gallery, 滋賀, 2022)、個展「水平線について」(ORIE ART GALLERY, 東京, 2020)など。2016年京都文化博物館で開催された琳派400年記念新鋭選抜展にてゲーデ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川国際交流賞受賞。



「floating point」会場風景/ 2kw gallery 2022


《landscape(two ellipses)》H45.5×W33.3 cm, 2021-22, 綿シーチングに油彩、蜜蝋、天然樹脂、黒鉛



展示記録

©︎Karen Okimi, Photo by Haruka Oka, Courtesy of FINCH ARTS

Date:22/Sep/2023

Kommentare


bottom of page