前谷開「Scape」

会期:2022年 3月4日(金)- 3月27日(日) 13:00-19:00

会期中の金土日開廊

venue:FINCH ARTS


この度FINCH ARTSでは前谷開個展を開催いたします。

本展は、前谷がこれまでに行ってきたセルフポートレイトの手法と、風景に相対する際の身体感覚を接続し、近年取り組んでいる「Scape」シリーズによって構成されます。レジデンスに参加して訪れた、日本海沿岸部から見た海の風景から発想し、制作を始めたという「Scape」はフィルムで撮影された写真を、撮影に使用したカメラを映写機の代わりとして用いて、風景のイメージを身体に投影するという、言うなれば風景を捉える際の視覚体験を逆転させる方法で映像作品を制作し、カメラを扱う際に発生する被写体との主客の関係を再構成し、風景と私たちの身体の関係における新たな視点、見ることの可能性を提示しようとしています。本展はFINCH ARTSでの2度目の個展となります。

どうぞご高覧ください。


---


前谷開 | Kai Maetani


1988年 愛媛県生まれ。滋賀県在住。2013年 京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)大学院 芸術研究科表現専攻修了。自身の行為を変換し、確認するための方法として主に写真を使った作品制作を行う。2018年より記録にまつわる作業集団「ARCHIVES PAY」に加入。2019年より、共同アトリエ「山中suplex」に加入。主な展覧会に、「六本木クロッシング2019 展:つないでみる」(森美術館、東京、2019)、「類比の鏡/The Analogical Mirrors」(山中suplex、滋賀、2020)など。



展示記録



撮影:前谷開

撮影日:2022年3月5日


©︎Kai Maetani, Photo by Kai Maetani, Courtesy of FINCH ARTS



レビュー


artscapeレビュー

執筆:高嶋慈