top of page

グリー・グルー・グロー

会期:2023年5月26日(金)- 6月18日(日)

会期中の金土日開廊

13:00-19:00

Venue:FINCH ARTS

Artist:岡本秀、西村有未、松平莉奈、水谷昌人


  この度FINCH ARTSでは岡本秀、西村有未、松平莉奈、水谷昌人による展覧会「グリー・グルー・グロー」を開催いたします。どうぞご高覧ください。


グリー(Glee):喜び、幸せ

グルー(Glue):にかわ、接着剤

グロー(Glow):白熱(光)、赤熱(光)、(赤い)光、輝き/グロー(Grow):成長する、伸びる、生長する、生える、育つ


-


岡本秀《サザエ》2022, H74.0×W47.4×D2.7 cm, 名塩雁皮紙、岩絵具、棒絵具、染料、墨、膠

撮影:白井茜


岡本秀|Shu Okamoto

1995年奈良県生まれ。2020年京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程絵画領域日本画卒業。

日本画専攻で学んだ実物写生やデッサンの考え方を尊重した上で、画像や既存の制作物といった二次的な対象を絵画化する方法を探して、特に襖絵や画中画を主題にした作品を制作する。近年集中して取り組んでいるのは、中国の画中画形式「重屏図」や、W.J.T.ミッチェルのメタ・ピクチャー論をきっかけにした、絵画の成り立ち(枠組み)に関する研究。主なグループ展に2023年「三菱商事アート・ゲート・プログラム2021-2022 支援アーティスト6組による新作展」、個展に2022年「居かた、見ため」(FINCH ARTS、ARTRO/いずれも京都)、受賞に2021年「VOCA展2021 」佳作賞、大原美術館賞など。



西村有未《野ばら》2021, H80.0×W 80.0 cm, oil and oil bar and acrylic on canvas


西村有未|Yumi Nishimura

1989年東京都生まれ。2019年京都市立芸術大学大学院 美術研究科博士(後期)課程美術専攻研究領域(油画)修了。博士号(美術)取得。近年の主な展覧会に「絵画の見かた reprise」(√k Contemporary,東京,2021)、「Encounters in Parallel」(ANB Tokyo,東京,2021)、「図形的登場人物と望春の花」(FINCH ARTS,京都, 2020)、「第3回CAF賞」(3331 Arts Chiyoda,東京,2017,審査員賞「保坂健二朗賞」受賞)など。コレクションに、高橋龍太郎コレクション、山梨学院大学、KANKURO UESHIMA COLLECTIONなど。



松平莉奈《無窮花》2022, H72.7×W60.6 cm, 紙本着色


松平莉奈|Rina Matsudaira

1989年兵庫県生まれ。京都府在住。日本画の領域で培われた技術や画材を咀嚼しながら、他者について想像することをひとつの主題とし、人物などを中心とする具象画を制作している。近年の主な個展に「蛮」KAHO GALLERY(京都、2023)、「うつしのならひ 絵描きとデジタルアーカイブ」ロームシアター京都(京都、2020 )、「悪報をみる—『日本霊異記』 を絵画化する—」KAHO GALLERY(京都、2018)など。主なグループ展に「それを故郷とせよ(手が届く)」TALION GALLERY(東京、2022)、「Slow Culture」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(2021)、「ないじぇる共創ラボ展 時の束を披(ひら)く 古典籍からうまれるアートと翻訳」国文学研究資料館(東京、2021)など。2020年京都府文化賞奨励賞、2017年京都市芸術新人賞、2015年VOCA展佳作賞受賞。



水谷昌人《配管(Monument/Philip Guston)》2020, H 16.0×W 23.0 cm, アクリル絵具、キャンバス、木製パネル、紙、インクジェット


水谷昌人|Masato Mizutani

1990年大阪府生まれ。2016年京都市立芸術大学大学院 美術研究科絵画専攻油画コース 修了。人間の価値観に備わっている双極的かつ過剰なイメージや信仰によってもたらされる物質的、精神的、社会的な現象をテーマにする。支持体の背面にモチーフを貼り、そこから表面に絵具を絞り出す方法で絵画を制作している。主な展覧会に2022年「京都府新鋭選抜展2022」(京都文化博物館, 京都)、2021年「Hoi-poi:Contemporary Painters」(Space Four One Three, ソウル, 韓国)、2021年「死と再生のmania」(FINCH ARTS, 京都)、2021年「メタマテリアリズム‐物質を超えて‐」(三越コンテンポラリーギャラリー, 東京)、2017年「京芸 transmit program」(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA@, 京都)、2016年「a.a.t.m. アートアワードトーキョー丸の内 2016」(丸ビル, 東京) 建畠晢 賞などがある。

https://www.finch.link/masatomizutani

bottom of page